設備・仕様

STRUCTURE

基礎構造

地盤調査の結果、表層面近くに良好な支持地盤があることから、建物を地盤で直接支える「直接基礎(独立フーチング形式)」を採用しています。
※一部地盤改良工法併用。

耐震性を高めた構造躯体

主要な柱には継目が溶接された溶接閉鎖型(一部除く)のフープ筋を採用しています。
※付属棟、外構などは除く。

外壁

外壁の壁厚は、約150mm以上です(ALC部除く)。外壁の屋内側には現場発泡ウレタンフォーム(一部除く)を吹付けた内断熱を施しています。
※住戸外壁厚と仕様については部位により異なりますので、詳しくは設計図書でお確かめください。

二重天井

二重天井の空間内に設備配管・配 線を行うことにより、配管等のメン テナンス性が向上。照明位置や間 取り変更に伴う設備機器の移設な ど、将来のリフォームにも対応しや すいシステムです。
※スラブ厚と仕様については部位により異なりま すので、詳しくは設計図書でお確かめください。

アウトポール設計

柱型を室内からバルコニー側に出したアウトポール設計。家具レイアウトの自由度も広がります。(一部除く)

耐力壁ダブル配筋

外壁や戸境壁など建物を支える構造壁(耐力壁)の配筋は、コンクリート内に鉄筋を二重に組み上げたダブル配筋としています。

住宅性能表示

国土交通大臣の登録を受けた第三者評価機関の公正な評価に基づく「設計住宅性能評価書」を取得済み。「建設住宅性能評価書」も取得予定です。